職業訓練で本当にエンジニア(プログラマー)になれるのか?

未経験からエンジニア
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、WEBエンジニアの田中です。

 

プログラミングスクールが人気の昨今、職業訓練を経てエンジニアになるというのはあまりメジャーではありません。

 

ただし、一つのルートとしては間違いなく存在しています

 

今回はそんな職業訓練の実態に迫るとともに、職業訓練校に通ってエンジニアになれるかという題で進めていきます。

 

結論から先に言ってしまうと、

田中
田中

職業訓練でプロのエンジニアになれます!しかし…

この先は以下をご覧ください。

スポンサーリンク

職業訓練の実態

それではまず、IT系の職業訓練の実態を調べていきましょう。

僕の経験と、東京都中央城北職業能力開発センター赤羽校WEB設計科のHPを参考にします。

職業訓練校の就職率は?

僕は、都内にある公共職業訓練校に行っていましたが、就職率はほぼ100%(2018年度)でした。

 

自発的に就職しないと決めた方や、他業界に就職された方も少人数いましたが、エンジニアとして就業を希望している方はほぼ全員が内定を複数貰っていました(すべてハロワの求人です)。

 

ただし高年齢の方(35歳前後)の内定率は2割(5社受けて1社内定)程度だったので、ある程度の努力は必要になります。

 

また、大都市以外での就職となると難しくなることが予想されます。

 

下記は東京都の赤羽校ですが、やはり就職率は高いですね。

引用元:都立中央城北職業能力開発センターWEB設計科のpdf資料

職業訓練校卒業後の就職先は?

僕が通っていたコースは業務系エンジニアを育成するコースだったので、必然的にほとんどの生徒が業務系SES企業に就職しました。

 

業務系の自社開発の企業に就職したのは1,2名で断トツで優秀な生徒のみでした。

 

職業訓練校で紹介される求人はハローワークからの求人で、中にはブラック企業もあります。(結構多いです)

 

自分が志望している企業に就職するにはそれなりの戦略と、それを遂行するための努力が必要になります。

 

また、自社開発企業を狙う場合や、就職先をこだわる場合は、職業訓練校の授業だけでは難しいです。

 

職業訓練校の期間は?

1年コースに通っていましたが、実質的には半年から9か月ほどの学習期間です。

 

残りの期間はというと

  • マナーの授業
  • ストラテジー系の授業
  • 遠足
  • 防災訓練
  • 技能祭
  • 就職活動

などプログラミングに関係のない授業や行事でした。

 

「出来るだけ時間を有効活用したい!」「短期でエンジニアになりたい!」という人にはあまり向いていませんし僕自身、時間を無駄にしてしまったと思っています。

 

エンジニアの市場価値は実務経験と比例します。

 

最初の一年でしっかりと開発経験が積むことができると、市場価値が100万円上昇する業界です。1年間だらだら勉強するよりは短期集中でさっさと就職するほうが賢い戦略です。

 

職業訓練に行ったことは後悔していませんが、戦略を間違ったことには悔いがあります。

職業訓練校のレベルは?

はっきり言ってしまうとレベルは低いです。具体的には、現在のITの現場で必須の技術であるFW(フレームワーク)を使わず、フルスクラッチでサイト制作を行っていました(無駄ではないですが・・・)。

 

本当に基礎中の基礎を学ぶ感じですね。

 

3か月コースの職業訓練に通っていた友人がいるのですが、授業はほとんどコピペで進み、アルゴリズムやサーバー周り、ネットワークのことなどは全く習わなかったそうです。

 

友人は就職活動にかなり苦戦したらしいです。

 

彼は根性がある子でその後にプログラミングスクールに通い直してWEBエンジニアとして就職しました。

田中
田中

少なくとも職業訓練の3か月コースはやめたほうが良いね

レベルが低い理由

レベルが低くなってしまう理由は複数ありますが、理由の一つに職業訓練校は「脱落者を生まない」ことを主眼に置いているからです。

 

僕が訓練校に通っている間も1~2割の生徒が授業についていけずに退校していきました。

 

これ以上、授業のレベルを上げてしまうと「失業者を再就職させる」どころか生徒が途中で来なくなるという本末転倒なことが起こります。

 

また、脱落者を少しでも減らすためか授業ペースがめちゃくちゃ遅かったです。しかも技術は枯れたものが採用されていましたし、授業内容も古く感じました。

 

例えば、テンプレートを使ってフローチャートを描いたり、C言語を使ってメソッド無しで文字列を連結させるなどとかなり前時代的でした。

 

無駄ではなかったのですが、もう少しモダンな技術を使った実践的な授業をしてほしかったですね。

 

結論

田中
田中
  • 職業訓練はエンジニアになれるが非効率。
  • 長期的なことを考えるとプログラミングスクールに行って短期間でエンジニアになるほうが効率的!
  • それでも職業訓練に行くならせめて半年以上のコースを!

以上3点が僕の結論です。

 

職業訓練、独学、スクールと様々な学び方がありますが、効率性を重視するならプログラミングスクールが圧倒的におススメです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました