【何する気?】本田圭佑さんがプログラミングに興味津々な件について

プログラミング
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、WEBエンジニアの田中です。

先日、とある人の、とあるツイートがバズっていました

こちら↓

そうです。あのケイスケホンダこと、本田圭佑選手のツイートです。

しかもITエンジニアを募集すると言っているじゃないですか!

でもなんで本田選手はエンジニアを募集しているんでしょうね?

エンジニアとして、とても気になるで少し調べたいと思います。

スポンサーリンク

本田選手の事業家としての顔

本田選手は、言わずと知れた元サッカー日本代表の選手です。(知らない人はいないよね)

彼はサッカー選手としてだけではなく、事業家としての顔も持っています。

彼の行っている事業はこちら↓

  • サッカースクール事業     「SOLTILO FC
  • サッカークラブ運営事業    「SVホルン(※オーストリア3部リーグ)」
  • サッカークラブ運営事業その② 「シェムリアップ・アンコール(※カンボジアリーグ)」
  • サッカークラブ運営事業その③ 「ブライトスターズ(※ウガンダリーグ1部)」
  • 投資ファンド設立       「ドリーマーズ・ファンド(ウィル・スミスと共同出資)」

一番下の投資ファンド以外はサッカースクールを主に行っていますね。

以前テレビ出演されていた番組の中でも

本田圭佑
本田圭佑

ビジネスが好き。

 

サッカーに対する熱い思いに気づいた。

 

サッカーに恩返しがしたい。

 

伸びしろがスゴイ。

 

 

 

などと語っていました。

本田選手はプログラミングに興味津々

以前にも、本田選手はIT関連の話題で、Twitter界隈をにぎわせておりました。

 

 

2018年のお話ですが、1日9時間もRubyを勉強なさってたみたいですね。

サッカー選手でプログラミングができるって、もはや宇宙人的ポテンシャルです。

なぜ、プログラミングを学んでたの?

テクノロジーを使ったような会社に投資をしていますので、商品は全てプログラミングからプロダクトが出来上がる。作っているエンジニアの気持ちを知るためにも学んだ。

引用元:日刊スポーツ本田「プログラミングの勉強1日10時間やってる」

エンジニアとしては非常にうれしい言葉です。

また、本田選手がおっしゃる通り、「商品は全てプログラミングから始まっています。

ねじ一つ作るのにプログラミングが必要です。

何をする気・・・?

本題に戻って、本田選手は何をする気なのでしょうか。

本田選手からの発言をヒントに仮説を立ててみました

それは…

本田選手は機械学習を用いて世界最強のサッカークラブを作りたかった

本田選手が世界最強銀河系クラブ「レアルマドリード」に憧れていた話はあまりにも有名です。

レアルマドリードとは、サッカーに詳しくない僕でも知っているチームで、スペイン1部リーグの世界最強サッカークラブです。

過去には超有名選手達が沢山所属していました。

あのロべカルとか…

ベッカムとか…

ネイマールとか…

メチャクチャすごい人たちが所属していた(いる)チームです。(ホントに凄いんか…?)

しかし、彼自身、レアルへの移籍を希望していたらしいですが、残念ながらその夢は叶うことはありませんでした

そして、彼は現在3つのクラブチームのオーナーでもあります。

そうです。ケイスケホンダはプログラミングを学び、エンジニアを集め、機械学習を導入してレアルマドリードを倒せるチームを作ることに燃えているのです。

だからこそ一日9時間も勉強してプログラミングを学んでいたのです(多分)。

本田選手が本当にやりたかったこと

実は、当記事は本田選手がエンジニアを集めている時に書いており、あまり筆が進まずボツにしておりました。

しかし、続報が出たので急遽方針転換

続報とは・・・

 

 

上記の仮説は見事外れました…。

本田選手はブロックチェーンに興味を持っていたんですね~。

記事によると、「ブロックチェーンファンドを立ち上げ、世界中の誰もが、夢を追い続けられる世界を作ること」が彼のミッションらしいです。

いやぁ、スケールが大きすぎて、僕のような凡人かつ、志が低い人間には全然理解できませんでした。

是非とも本田選手には、だれもが夢を追い続けられるプラットフォームを作っていただきたい。(そしてできるならばその恩恵を受けたい

ブロックチェーンの無料体験やってるってよ

はい、宣伝です。

僕も先ほど、FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校無料体験セミナーに申し込んできました。

こちらは、ブロックチェーンを専門に教えるプログラミングスクールです。

無料体験セミナーの内容

1. ブロックチェーンの仕組み

  • ブロックチェーン仕組みの理解
  • ブロックチェーンとビットコインの関係性
  • ブロックチェーンを支える暗号技術の仕組み

2. ブロックチェーンで変わる未来

  • ブロックチェーンが「革命」と言われる4つの理由
  • ブロックチェーンを活用する世界各国の動き
  • 企業のブロックチェーン導入事例

3. ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法

  • ブロックチェーンエンジニアに最短でなれる方法
  • 非エンジニアのためのビジネス活用法
  • ブロックチェーンの波を掴むための方法

行く理由

  1. 将来役に立つかもしれないし、仕事の幅も広がるかもしれないから
  2. 無料だから
  3. 時々こういうことが起こるから…

 

訓練生B
非エンジニア

ブロックチェーンってなんなんですか?

田中
田中

あれだよ、分散型台帳システムで…ほら、みんなが証明するんだよ。わかるだろ?ビットコインとかああいうのだよ。とにかくブロックをチェーンするんだよ。わかったな?

訓練生B
非エンジニア

あ、ありがとうございます(なんやこいつ…)

田中
田中

いいってことよ!

あ、お姉さんビールおかわり!

ってことが時々起きます(居酒屋で)

 

やはり、エンジニアだからこそ、ちゃんと答えたいと思っているので(ホントかよ)、概要だけでも学んでおくため、行くことにしました。

場所

現在、都内大阪だけで行っているようです。

  • 丸の内本校
  • 新宿校
  • 有楽町校
  • 大阪校

興味のある方は無料のうちに是非、体験セミナーに申し込んでみてはいかがでしょうか。

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

コメント

タイトルとURLをコピーしました