未経験からエンジニア

Web制作とWeb開発ってどう違うの?

悩み人
悩み人
Web制作とWeb開発ってどう違うの? 今から始めるならどちらを始める方が良いかな?
やすお
やすお
Web制作もWeb開発もそれぞれメリットデメリットがあります。

違いを正しく認識せずに勉強を始めると後悔する可能性があるので、しっかり違いを認識してから勉強を始めましょう。

Web制作とWeb開発の基本的な違い

Web制作の仕事

Web制作者の主な仕事は主に「企業のホームページ」や「ECサイトを構築」することです。

請負が基本なので、クライアントとのコミュケーションコストが非常に大きいのが、Web制作の特徴です。

仕事としては、クライアントが望むサイトを修めることや、SEOなど集客を意識してサイトを構築することが重要になってきます。

デザイナーやコーダーの仕事も同時にこなさなければならないので覚えることは沢山ありますが、高度なプログラミングの知識は必要ありませんし、また、基本的にやることが同じなので、仕事になるまでが早く、参入しやすい事が特徴です

Web開発の仕事

Web開発者の仕事は、大きく分けて自社サービスと受託開発に分かれます。(自社サービスをメインに説明します)

また、自社サービスでも個人向けサービス(toC)、法人向けサービス(ToB)に分かれます。

個人向けサービスとは「メルカリ」「Twitter」「食べログ」などの一般ユーザー向けのサービスで、法人向けサービスとは「smartHR」「カオナビ」「HRbrain」などの法人に導入してもらうためのサービスです。(toBは人事労務関係が多い印象)

これらの仕事において大事なことはサービスをグロースさせることです。

たとえば、ユーザーの意見を反映するために、ページ表示速度の改善やUIの改修(フロントエンド)、必要な機能の改修や追加、DBのチューニング(サーバーサイド)などを行う等があります。

また、サービスがグロースし、CPUやメモリ、ディスクなどをスケールアップする必要が出てきた場合に。クラウドインフラの知識などが求められる場合もあります。

Web開発はWeb制作と比較して覚えることが非常に多く、仕事になるまで一定期間に企業で修行する必要があります。また、プログラミングもフレームワークを使った高度なプログラミングを習得しばければならないので、独立するには最低でも1年から2年の期間を見た方が良いと思います。

Web制作とWeb開発のキャリアの違い

Web制作者のキャリア

Web制作は基本的には同じことの繰り返しなので、営業を行い案件を獲得し、企業のホームページなどを作り続けることが主な仕事になります。

その中で仕事を振ってもらえるような人脈を獲得し、次につなげることがキャリア形成において大事になります。

案件を継続的に獲得できるようになってきたWeb制作者は、自分の周りに仕事を振って自らはプロジェクトマネージャーの様な立ち位置で仕事されている方もいます。

Web制作者のキャリアとしてはWeb制作を突き詰めるか、ディレクターになるか、自らが制作会社を興すかのいずれかをされている人が多いです。

Web開発者のキャリア

Web開発者のキャリアは主に技術者か、マネジメント及び両方(プレイングマネージャー)に分かれます。

技術を突き詰めていき特定の分野で第一人者となる方や、マネージャーとしてプロジェクトや従業員を管理したり、ジュニア層を育成する方、CTOなどの最高技術責任者となる方など多種多様です。

個人開発でサービスをローンチし、そこからWebサービスの経営者になった方などもいます。

自分が将来的にどうなりたいかをキャリアが浅い段階から考えておいた方が、明確なキャリアパスを描きやすいと思います。

Web制作とWeb開発の給料の違い

Web制作の給料

Web制作で稼げている人は基本的にごく一部だと思っています。

理由は参入障壁の低さと、昨今のweb制作ブームにより、駆け出しWeb制作者が増えたことによる価格低下圧力があることと、クラウドワークスなどのスキルを売買するプラットフォームなどの負の相乗効果により単価が下がってしまったことが主な原因です。

単価を上げていくといった発想ではなく、いかに多くの案件をこなすかが給料を上げていくのに重要な考え方ではないでしょうか。

Web開発の給料

時間単価はWeb制作より高いですが、ある程度まで単価を上げようと思うと一定期間はエンジニアリングの学習を全力で取り組むことが必要になります。

企業に就職し、1年から2年の間本気で技術力向上に努めたあとフリーランスなった場合、月6~70万円、転職した場合450~500万以上くらいにはなると思います。

詳しくは下記記事においてまとめているので興味のある方は御覧ください。

エンジニアになって年収1000万円稼ぐまでの具体的なロードマップ【3年を目標】 いきなりですが、エンジニアという仕事は努力次第では実務経験3年ほどで年収1000万円稼げるようになるって知っていましたか? 少な...

Web制作とWeb開発の求められる技術の違い

Web制作の技術

必要になる技術は主に下記の通りです。

Web制作で使われる技術
  • WordPress(CMS)
  • ECCUBE(CMS)
  • HTML、CSS(マークアップ言語)
  • PHP(プログラミング言語)
  • JavaScript(プログラミング言語)
  • Git(バージョン管理ツール)
  • Illustrator、Photoshop
  • SEOに関する知識
  • WEBに関する全般的な知識

WordPress等のCMSの構築や、それに伴うWeb関連の技術(レンタルサーバー、ドメイン等)やデザインやマークアップに関する知識(HTML、CSS、イラレ、フォトショ)が必要になります。

極めようと思えば非常に複雑の知識ですが、企業に収めるホームページレベルではそこまで高い技術力は求められません。

ですでの、未経験からフリーランスとして働かれるならWeb制作が手っ取り早いのかなと思います。その反面参入障壁の低さから大きく給料を上げるのはやや難しいのが現実です。

Web開発の技術

必要になる技術は主に下記の通り

Web開発で使われる技術
  • HTML、CSS
  • PHP、Ruby、Go(サーバーサイド言語)
  • JavaScript(プログラミング言語)
  • RoR、Laravel(サーバーサイド言語のフレームワーク)
  • React、Vue.js(フロントエンド言語のフレームワーク)
  • Linux(LinuxOSの知識)
  • Apatch、Nginx(Webサーバーの知識)
  • Mysql、Postgresql(DBに関する知識)
  • Git(バージョン管理ツール)
  • AWS、GCP(クラウド)
  • SEOに関する知識
  • WEBに関する全般的な知識

Web開発は技術は非常にレベルが高く、技術の深さ、幅広さ共にWeb制作とはレベルが違います。そのため取得するには非常に長い時間がかかります。

未経験からフリーランスのWeb開発者になるのはかなり難しいと思っていただいて良いです。

ただし、レベルが高い反面、参入障壁は高く、経験を積めば積むほど単価が高くなる世界ですので、長期的な視点でエンジニアになることを志されている方であれば、Web開発者になることをおススメします。

Web制作とWeb開発の副業に関する違い

Web制作の副業

副業に関するハードルは低いです。

未経験からでもWeb開発は割と仕事を受けることが出来ます。しかし、先ほど申した通りクラウドワークスなどの出現により価格低下圧力が発生しているので、キャリアの浅いうちは割と買いたたかれることが多いです。

営業していい顧客を捕まえて、システムをしっかり握り運用までやるとスイッチングコストが高くなるので安定して稼ぎやすくなるのではないでしょうか。

Web開発の副業

Web開発は副業になるまでは非常に時間がかかりますが、フリーランスエンジニアになってしまえば客先常駐フリーランスという手が使えますので、月6,70万は割と簡単に稼げてしまう現状があります。

また、受託や請負案件でも5,60くらいで1週間で終わるような仕事を頼まれることはざらにあります。しかし、仕事を振ってもらえるには信頼関係が必要で、その信頼関係や、人脈を増やすまでは時間がかかります。

結局仕事を任せる任せない技術も大事ですが人柄による部分もあるので、エンジニア同士の人脈を広げることが必要になると思います。

まとめ

今回はWeb制作、Web開発どちらが上とか言う話ではなく、客観的にいてどのような差があるかをまとめてみました。 これからWeb制作またはWeb開発を始めてみたい方はどちらが自分に合っているかをよくよく考えてから行動に移してほしいなと思っております。

オススメプログラミングスクール

TechAcademy
 最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクール

TECH::CAMP
 スパルタ式プログラミングスクール!自分に甘い人はぜひ!

DMM WEBCAMP
 転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクール!

ポテパンキャンプ

 お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修

 

 

ABOUT ME
田中 やすお
WEBエンジニアとして都内某所で働いております。 Fラン大学→ニート→フリーター→営業マン→転職してまた営業マン→職業訓練→WEBエンジニア→フリーランスエンジニア 未経験からエンジニアになる方法や、エンジニアにまつわることを発信していきます。よろしくね('ω')
WEBエンジニアになって年収1000万円稼ぎたい人へ

僕は元々Fラン大学出身で、ブラック企業の社畜だったのですが、30代前半でWEBエンジニアとしてIT企業に転職して人生が大きく変わりました。

WEBエンジニアは実務経験1年程度あれば月収50万円は稼ぐことが出来ますし、実務経験2~3年程度あれば年収1000万円稼ぐことも可能です。

もちろん稼ぐためには努力は必要です。しかし、逆を言えば「努力が必ず報われるのがエンジニア」という職業です。

エンジニアになって稼ぎたい!理想の働き方をしたい!と思っている方は「未経験からエンジニアになる方法」を読んで、ぜひ挑戦してみてください。