【30代未経験】IT企業面接日記(5社目)-受託開発企業編-

【30代未経験】IT企業面接日記
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
この物語は実務未経験30代職業訓練校に通っている元営業マンのやすおエンジニアになるためにIT企業の面接を受けまくる話である。ほぼほぼ実話です。

前回において、求人サイトで応募した企業から返信が来た。純粋な面接ではなく「会社の説明を含めた面談」という形になるそうだ。

 

おそらく応募条件として「実務においてWeb開発の経験1年以上」というものがあり、条件を満たしていなかったので面談という形をとったのだろう。

 

当社は世田谷の高級住宅街の中にあり、RubyOnRailsで受託開発を行っている企業だ。会社規模は大きくないが、自社サービスも行っている。

 

少しの期待を抱きつつ当社に伺った。

スポンサーリンク

面談開始

やすお
やすお

初めまして!本日面談に来ましたやすおと申します。よろしくお願いいたします。

ようこそいらっしゃいました。本日はよろしくお願いします。それでは当社の説明をさせていただきますね。
当社は〇〇で△△で~~…
やすお
やすお

そうなんですね。(見た目は怖い感じだが、笑顔が多く親しみやすい感じの人だな・・・ちょっとヘラヘラしすぎな感が否めないが。)

やすおさんは現在職業訓練校に行ってらっしゃるということですが、言語は何をされているんですか?

やすお
やすお

JAVAを1年弱の間、学習してきました。現在はRubyRubyOnRailsを学習してます。

なるほど、いろんな言語に興味を持ってらっしゃるんですね。でも、JAVAはいいですよ。

 

がっつりやったらかなりの力が付きますよ。

やすお
やすお

そうなんですね・・・(RubyOnRailsの会社なのになぜJAVAを進めるんだろう・・・)

もし弊社に採用になると未経験の方は1年くらい客先常駐で組み込み系の仕事をしてもらおうかなと思ってるんですよ。
言語はやすおさんが学習されてるJAVAになりますね。
結局そのほうが早いんですよねアハハ。場所はお台場になりますね。ちょっと遠いかなw。ど、どうかな?
えっ?
やすお
やすお
ちょっと待ってください。いや、いいんですよ別に客先常駐でも。私自身も仕事を選べる立場ではないですし。
だったら初めからそう言っていただきたかったです。
SESだったらWEBの会社もあるし、高還元をうたってる会社や、正社員採用の会社もあります!(この会社は契約社員)
自社開発を謳っておいて客先に行かせようとするのはずるいんじゃないですか?電車代返してもらえませんかね!?(怒)
やすお
やすお

ぜひとも前向きに考えさせていただきますw(言えるわけないよね泣)。

じゃ、よかったら履歴書送ってくださいねーw、ありがとうございましたw。

面談後

今回の面談では、少し落ち込んだがそれほど大きなショックはなかった。大量に応募していてまだまだ消化していない面接が残っているからだ。

 

これがダメでも次がある」という精神的余裕は転職活動をするのには大事だなということに、この時気づいた。

 

蛇足ではあるが、客先常駐案件において常駐先(地域)は大事らしい。面談中にお台場と聞いてこのツイートを思い出していた。

このツイートが事実かどうかわからない。下記Togetterのまとめ記事はおもしろいので参照されたい。

 

IT業界の闇が見える #SESクソ体験 のハッシュタグがつらすぎる
IT業界の闇ともいわれるSES(偽装請負とか多重派遣)に関するまとめをしました。ちらほら別業界にもあてはまる部分があるかと思いますが、思うところみんな大変なのかなと。「SESとは?」、「自社あるあ..

書類選考が追加している企業がまだあるので次に進みます。

次回、自社サイト運営会社編です。

 

【30代未経験】IT企業面接日記(6社目)自社サイト運営企業編
30代前半、職業訓練に通っている未経験者がエンジニア(プログラマー)になるため、面接を受けまくる奮闘記。 6社目は新宿にある自社サイト運営企業を受けました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました