【30代未経験】IT企業面接日記(2社目)-会社見学編- 

【30代未経験】IT企業面接日記
この物語は実務未経験30代職業訓練校に通っている元営業マンの田中エンジニアになるためにIT企業の面接を受けまくる話である。ほぼほぼ実話です。
前回の面接から日が経たないうちに訓練校講師から
講師
講師

「この企業の会社見学があるんだけど行ってみない?」

というお誘いを受けたので行ってみることにした。

スポンサーリンク

2社目(中小ソフトハウス)

f:id:tanaka_early30s_programmer:20190318000034j:plain
この会社はソフトウェア開発事業部システムソリューション事業部という二つの事業を行っている会社である。規模としては社員50人くらいの会社で、ほとんどがエンジニアらしい。

巣鴨駅から徒歩5分の位置にあるビルの一室に本社はあった。

来社してみての感じたことがある。それは、、、

 

田中
田中

なんで従業員50人以上いるのに本社に5人しかいないの?(後に分かることになる)

我が訓練校から3人で会社に赴き、人事(女性)社長達と軽い質問会みたいなものを行った。

 質問会開始

 名刺交換を行い(貰うだけ)、社長が話し始めた。
社長
社長

「わざわざ来ていただいてありがとう、わが社は〇〇という製品を作っていてこれは結構売れたんですよ、それでこれは社員の○○が。。。(延々と続く)」

女性人事
女性人事

「それでは皆様何か質問はありますか?」

訓練生A
訓練生A

「この会社はアットホームですか?」

社長
社長

アットホームですよ。社員同士助け合う社風があります。」

訓練生B
訓練生B

今後はどういうシステムを作っていきたいんですか?

社長
社長

「○○△△みたいなものを作っていきたいですね。」

僕の番が回ってきた。

 

田中
田中

「他の社員の方はどちらに行ってられるんですか?」

この時に印象に残っているのは社長のピリッとした顔
そして早口でこう言った。

社長
社長

「きゃ、客先にて業務を行っていますよ。」

田中
田中

「ありがとうございます。(だったらアットホームなの意味ないじゃん!)」

その後Q&Aを繰り返し、質問会は終了
食事をごちそういただき(ケーキおいしかった)解散となった。

 食事会終わりにて

 食事後に人事の50代くらいの女性と二人になる機会があり、
その時に言ってくださった発言が印象的だった。
女性人事
女性人事

「実はうちの息子もSEなんですよ。やめとけって言ったのに。

田中
田中

「そうなんですね」(やはり厳しい世界なんやな・・・)

女性人事
女性人事

「会社は沢山あるんで色々な会社を見たほうがいいですよ。」

田中
田中

「ありがとうございます。」(絶対色々見る!!)

人事の女性がなぜ息子さんにやめといたほうがいいと言ったのかは、今はもう知ることができない。
それは客先常駐という働き方が過酷だからか、それともエンジニアという仕事が厳しいものだからか・・・
一つ言えることは、その人事の女性は秋吉久美子さん似の超絶美人ということだけだ・・・(一緒に働きたかった。)

f:id:tanaka_early30s_programmer:20190310163932j:plain

引用元:映画.com様

この見学会で自身の業界に対する知識不足、認識不足が明らかになった。
そして、翌日から次に決まっている面接までの間に徹底して業界研究をすることにした。
そして、翌日訓練校講師に応募しないことを告げた

コメント

タイトルとURLをコピーしました