【後悔しない!】プログラミングスクール選びのポイント5選

プログラミングスクール
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、WEBエンジニアの田中です。

巷にはプログラミングスクールがあふれていますが、情報が多すぎてどこを選んでいいか分からない方も多いと思います。

今回は、そんな方のために、プログラミングスクール選びに役立つポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

通学系のスクールか?

現在、プログラミングはオンラインでも学べる時代です。

また、オンラインでのマンツーマンレッスンなど、様々なサービスも生み出されています。

一見、オンラインでも良さそうに見えますが、可能であれば通学のスクールをおススメします。

 

プログラミングはなぜ独学がつらいか?独学の罠を紹介
プログラミング学習において「独学」は成功率が圧倒的に低いです。僕も一度独学でプログラミングに挑戦して失敗しました。なぜ独学が失敗しやすいかを解説します。

 

理由は、上の記事でも書いていますが、通学だとオンラインより挫折率が下がるからです。

嫌でも勉強できる環境を作り出すためにも、できれば通学を選びましょう。

意識が高く、挫折しない自信のある方はオンラインでも大丈夫かと思いますが、オンラインを選ぶなら少なくとも、専属のメンターがつくスクールを選んだ方が吉です。

就職保証があるか

プログラミングスクールの中には「就職できなかったら全額返金」などの転職保証を謳っているスクールも存在します。

そして、そのようなスクールは優良スクールである可能性が高いです。

なぜなら、「めちゃくちゃスクール経営にプレッシャーがかかる」からです。

就職保証がないスクールは、趣味や生涯学習目的のカリキュラムであることが多いので、転職できなくてもペナルティがないですが、就職保証があるスクールは何が何でも就職させないと自分たちのビジネスにかかわるので、スクールその物の質やサービスが向上しやすいのです。

「就職保証があるかどうか」はスクールを選ぶ際の重要なポイントになります。

教室貸出制度があるか

これは、通学系スクールに限ったことですが、教室貸出制度があるスクールがおすすめです。

やはりどんな人間でも、家に帰ると休んでしまいがちです。また、今の時代、スマホという恐ろしい時間泥棒もいます。

教室貸出制度を使えば、誘惑に弱い方も、無理やりにでもプログラミング学習に集中できる環境を作り出せます。また、プラスとしてメンターが常駐していれば、大きく成長速度が上がります。

「教室貸出制度があるかどうか」は、スクールを選ぶ際の重要なポイントになります。

メンターが近くにいるか

メンターがいるかいないかで、成長速度は全く違います

プログラミング学習初期のころはつまらないエラーと格闘することにより、時間を無駄にしてしまいがちです。その無駄な時間を回避するためにもメンター制度があるスクールを選ぶことが重要になります。

また、分からなかったときに聞けるという安心感もあるので、精神的に安定した状態で学習に臨めます。

メンターが近くにいて、何でも聞ける環境があるかどうかは、スクールを選ぶ際の重要なポイントです。

共同開発の経験が積めるか

オンラインより通学のほうが良い理由の一つは、共同開発の経験が積めることです。

実際の現場ではチーム単位で開発を行っていくのですが、これがなかなか難しい

特に、Gitと呼ばれるバージョン管理ツールは初学者の大きな壁となっています。このGitを共同で使う経験を積むためには、何人かで共同開発をするしかありません。※個人でも使いますが、共同開発のほうが習得スピードが速いです。

ちなみに、GitはWEBエンジニアとしては、必ずマスターしなければならない技術です。なぜならほぼ全てのWEB系の会社で使われているからです。

Gitを使って共同開発が積めるかどうか」は、スクール選びの大きなポイントになります。

 

教材が独自のものか?

多くのスクールが「素晴らしいオリジナル教材」を謳っていたり、「独自メソッド」などの教材に対するこだわりをアピールしています。

しかし・・・

田中
田中

どうでもいいです。そんなこと。

はっきり言って、スクールの教材なんて50歩100歩で、どこも大体書いてあることはほとんど同じです。

また、市販で売られている教材のほうが質が良かったりするので、カリキュラムが一通り終わったら二度と読むことはありません。

プログラミングスクールを選ぶうえで教材は、特にこだわらなくても良いポイントです。

終わりに

プログラミングスクールを選ぶ際のポイントは5つ。

  1. 通学系スクールか?
  2. 就職保障があるか?
  3. 教室貸出制度があるか?
  4. メンターが近くにいるか?
  5. 共同開発の経験が積めるか?

まずは、無料カウンセリングに行ってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました